スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク

バンコクから長距離バスでムクダハーンへ、国際バスでラオス・サワンナケートへ

☆--ラオス1泊30ドル以下のホテル--☆

バンコクからムクダハーンへ、国際バスでサワンナケートへ

バンコクのモチット2バスターミナルから
夜20時過ぎ発のムクダハーン行きの長距離バスに乗り、

バンコクからムクダハーンへ、国際バスでサワンナケートへ

翌朝、7時過ぎにムクダハーンのバスターミナルに到着。

国営トランスポート社の1等座席がムクダハーンまで片道500バーツ程度。
2階建てのバスだと、下の席の方が前後間隔がゆったりしてる気がします。

バンコクからムクダハーンへ、国際バスでサワンナケートへ

バンコクからムクダハーンへ、国際バスでサワンナケートへ

国営トランスポート社(999)の窓口でサワンナケート行き
国際バスのチケットを購入。45バーツ。

バンコクからムクダハーンへ、国際バスでサワンナケートへ

国際バスの発着レーンの看板

バンコクからムクダハーンへ、国際バスでサワンナケートへ

バスの時刻表はあるものの、7:30にバスは来ない…。
しかし、ラオスに向かうらしいローカルの人たちが
荷物を沢山置いて待っています。

バンコクからムクダハーンへ、国際バスでサワンナケートへ

目安となる時刻表。

バンコクからムクダハーンへ、国際バスでサワンナケートへ

バスターミナルの様子。
タイに戻ってきてから思ったのは
結構、ラオス人が多いな~と思いました。
同じバスでタイにきたので当然ですが…。

バンコクからムクダハーンへ、国際バスでサワンナケートへ

突然、バスがやってきました。8:10くらい。
出発が8:22。一体、何時のバスだったのか…。

かなりの人が乗り込み、立ちの人も。

バンコクからムクダハーンへ、国際バスでサワンナケートへ

バスターミナルを出発し、7,8分で友好橋のイミグレーション前に到着。
みんな下りて、タイの出国手続き。

バンコクからムクダハーンへ、国際バスでサワンナケートへ

みんな出国した頃に乗ってきたバスがやってきて、
第2友好橋を渡ります。

バンコクからムクダハーンへ、国際バスでサワンナケートへ

バンコクからムクダハーンへ、国際バスでサワンナケートへ

ラオス側に着いて、イミグレーションへ。
窓口で出入国カードを貰い、並びながら記入。

入国後、同じバスに乗ると、スカスカでした。
バスターミナルで見かけた日本人らしき人もいません。
ここから、タクシーなどで各エリアやタイ領事館などに
向かう人も多いようです。

バンコクからムクダハーンへ、国際バスでサワンナケートへ

バスは10分かからない程度でバスターミナルに到着。

バンコクからムクダハーンへ、国際バスでサワンナケートへ

バスターミナルではトゥクトゥクが待ち構えてます。

バンコクからムクダハーンへ、国際バスでサワンナケートへ

ホテルはソムチットチャルーンサイというバスターミナル付近を
事前にオンラインで予約しておきました。
エアコン、ホットシャワーなどがつき、300バーツ台。
wifiはレセプション前のみでしたが…。

日差しが強い中、市街地まで歩くのは大変ですが、
暑くなければ、散歩がてら市内を見学しながら歩く感じ。

詳細はこちら >>ソムチットチャルーンサイ(Somchith Chaleunxay Hotel)

バンコクからムクダハーンへ、国際バスでサワンナケートへ

チケット販売窓口
このバスターミナルからはラオス各地はもとより、
ベトナム方面へのバスも発着しているようです。

バンコクからムクダハーンへ、国際バスでサワンナケートへ

ムクダハーン行きのバスチケット50バーツ。

バンコクからムクダハーンへ、国際バスでサワンナケートへ

ラオス出国。

バンコクからムクダハーンへ、国際バスでサワンナケートへ

タイ入国。
出入国カードは窓口で貰いました。

バンコクからムクダハーンへ、国際バスでサワンナケートへ

タイへ入る前のバスチェックを隅々までされてました。

ラオスのバスターミナルを2時40分頃出発し、
ムクダハーンのバスターミナルへ16時過ぎに到着。
往復とも2時間かからない程度でした。

ラオスで2泊しましたが、特に豪華な食事などもしなかったので、
交通費などを含め、2000バーツくらいで済みました。
バックパッカーのような旅でした。

スポンサーリンク

テーマ : ラオス - ジャンル : 海外情報

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。