スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク

ヴィエンチャン市街で見かけた環境保全を訴えてる感じの壁画

☆--カンボジア1泊20ドル以下の安宿情報--☆

自然や環境を考える絵

自然や環境を考える絵

自然や環境を考える絵

学校か役所なのか、塀に描かれてました。
汚れてきていて、しかもあまり目立たない場所。
ラオス人が考えて描いたのだろうか?

スポンサーリンク

スポンサーサイト

テーマ : ラオス - ジャンル : 海外情報

ヴィエンチャンバックパッカー(Vientiane Backpacker)に泊まった感想と詳細

☆--ラオス1泊30ドル以下の安宿情報--☆

ヴィエンチャン バックパッカー (Vientiane Backpacker)

ヴィエンチャンバックパッカーズ正面入口

ヴィエンチャン バックパッカー (Vientiane Backpacker)

ノーケオクマン通りを入ってすぐ左手にあります。

ヴィエンチャン バックパッカー (Vientiane Backpacker)

レセプション。
チェックインやチケット購入もここで。
ヴァンビエンへのバスチケットを4万キープで購入。
クレジットカードを利用すると4%加算されました。

ヴィエンチャン バックパッカー (Vientiane Backpacker)

共用エリアの壁

ヴィエンチャン バックパッカー (Vientiane Backpacker)

ランドリーサービス、1kg辺り1万キープ。
この料金は高級ホテルでもない限り、ラオス国内
大体同じような気がしました。

ヴィエンチャン バックパッカー (Vientiane Backpacker)

ドミトリーの様子
2階に2部屋、3階に1部屋のドミトリールームがありました。
泊まった3階は中国人部屋になってました…。

ヴィエンチャン バックパッカー (Vientiane Backpacker)

バスタオルはないようです。
ベッドの下に鍵のかかる扉があります。
鍵は自前。

各ベッド毎に電源差し込み口がありましたが、
ほぼ使えない様子でした。

部屋でもwifiは繋がりますが、電源が取れないので、
1階の共用スペースで。

ヴィエンチャン バックパッカー (Vientiane Backpacker)

洗面台。

ヴィエンチャン バックパッカー (Vientiane Backpacker)

レインシャワーになってますが、
普通にハンドシャワーを使いました。

水量、温度とも良いです。
ラオスの宿はほぼ温水シャワーですが、
ここまで熱いお湯がたっぷり浴びられると満足。

ヴィエンチャン バックパッカー (Vientiane Backpacker)

共同トイレ
シャワーが良かったので、トイレや洗面台の
詰まりは大目に見る感じに。

トイレ、洗面台、シャワー、全て1階に。

ヴィエンチャン バックパッカー (Vientiane Backpacker)

宿泊料金に含まれてる朝食。
・ジャム、バター、バナナ
・目玉焼き
・スクランブルエッグ
この3つのオプションから選びます。

朝7時から10時まで。
10時を過ぎると1万5千キープになるようです。
10時過ぎたら食べないだろう…。

ヴィエンチャン バックパッカー (Vientiane Backpacker)

ジャム、バター、バナナのオプションに
コーヒーを頼みました。
無いよりあった方が良い程度。

安くて立地も良いので、ラオスの地方に行く前の日などに
宿泊するには丁度良いかもしれません。

タイへのバスが出るタラートサオバスターミナルへも
歩いていける距離です。
旅行者エリアなので、両替やら食事なども何かと便利。

夜、部屋にエアコンがつくのですが、
中国の人は誰もドアを閉めようとしないのが
不思議で仕方なかったです。
夜、蚊が気になってよく眠れませんでした。

ドミトリーに泊まるときは中国人ではないことを
言わないと中国人部屋に押し込まれてしまう可能性が高いかも。
中国人旅行者一人一人が問題あるとは思わないのですが、
数人集まると修学旅行にでも来てるかのように…。

何はともあれ、宿泊料金を考えると良い宿かもしれません。
恐らく、ネットで予約できるほぼ最安値。

>>ヴィエンチャンバックパッカー (Vientiane Backpacker)の口コミ・詳細をみる

『タラートサオバスターミナル(A)から宿(B)までの地図』

大きな地図で見る

スポンサーリンク

テーマ : ラオス - ジャンル : 海外情報

ラオスのヴァンヴィエンで買ったソムタムを作る様子

☆--ラオス1泊30ドル以下の安宿情報--☆



ソムタムはタイ料理の代名詞かと思ってました。
もしかするとラオス発祥?

タイではイサーン(東北地方)料理と言ったりしますが。

最初にトウガラシを選び、小さいのを使ってもらいましたが、
調理後、味見もさせてくれました。

ビデオ撮ってたので、えっっ!?と思いましたが…。


スポンサーリンク

テーマ : ラオス - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。